雑学

火曜サスペンスの自白シーン!崖の上での撮影が多い理由

この記事は約2分で読めます。

1981年から始まった火曜サスペンス劇場☆
2005年にその幕を閉じましたが、一部の地域・BS・CSなどでは再放送で拝見出来ます。

そんな火曜サスペンス劇場(通称、火サス)ですが、クライマックスシーンになると、崖の上で犯人を追い詰めるシーンを多く見受けられます。

ここで疑問が

いつも崖で撮影が行われるのは何故だろう?・・・
という事で調べてみました(^^)

[ad] 

結果発表~♪
主に二つの説がありました。(どちらも正しいと思います)

映像の背景が企業の看板で目立ったり、また人が映っていたりすると・・・ 視聴者の意識が背景に流れ、せっかくのクライマックスシーンが台無しになってしまいます。

そこで、空や海を背景にすることで、視聴者の意識を俳優さんたちに向かわせ、釘付けにさせるための配慮だそうです!

また、自白のシーンは印象が悪く、企業の看板などが映ってしまうと、損害賠償請求に発展しかねません。そういうリスクを回避するために、崖を利用しているのだそうです!

そうだったのかぁ~
てっきり、崖の上だと心理的に追い詰めやすく、自白をしやすい環境なんだなぁ と思っていましたよ~~~(〃´―`〃)

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました