雑学

カロリーゼロの表示!実はカロリーはあるんです

この記事は約2分で読めます。

「カロリーゼロ」や「ノンカロリー」
最近、こんな表示を良く見かけます・・・

味もあり、それなりに甘みもありますが、
本当にカロリーはゼロなのでしょうか?

表示されているカロリーは健康増進法にしたがって記載されています。健康に重大な被害を与えるような表示違反があれば、この法律によって改善命令が出されます。

この法律によると、飲料100ml(食品の場合は100g)あたり→5kcal未満であれば「カロリーゼロ」や「ノンカロリー」と表示することができるとされています。

つまり、完全に「0kcal」でなくても、
カロリーゼロと表示しても良い事になっているのです。

Q、カロリーがあるにも関わらず、「カロリーゼロ」と表示してもいいのは何故だろう?

成分を検出する際に誤差が生じることがあるので、その誤差を考慮して幅を持たせた!というのがその理由です。しかし、カロリーを気にする人にとってはややこしい表示ですよね・・・・。

では、どうやって甘さを出しているのでしょうか?
そのメカニズムは、小腸で消化吸収されない甘味料を使うことで、カロリーを抑えているのだそうです。

ちなみに、100mlあたり→20kal未満であれば、「カロリーオフ」や「低カロリー」と表示することが可能です。

また、糖類(砂糖や果糖、乳糖など)が100ml あたり0.5g未満のものであれば、「ノンシュガー」「無糖」「シュガーレス」と表示することも可能です!

つまり、無糖と表示されていても、
糖類が含まれている可能性があるのです・・・・

ヽ(ヽ゚ロ゚)(゚ロ゚ノ)ノ<えらいこっちゃ

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました