雑学

Q&A 管鍼法(かんしんほう)とは何ですか?

この記事は約2分で読めます。



実は鍼(はり)の場合、”刺す” ではなく、 ”打つ” という呼び方を用いるケースが多いようです。 そんな鍼の打ち方ですが、主に3種類のものが存在します。

撚鍼法(ねんしんほう)
道具を使わないで鍼を打つ方法です。中国から渡ってきた最も古い鍼の技術となります。(遣隋使や遣唐使が伝えたのではないか?という説があります)

道具を使わないので、症状にあわせ、様々な角度から自在に鍼を打つ事が可能です。

[ad] 
打鍼法(だしんほう)
金製でできた太い鍼をお腹にあて、木槌を使って少しずつ打ち込む方法です。安土桃山時代の鍼術家、御園意斎(みそのいさい)が考案したとされています。かなり痛かったそうです(><)

管鍼法(かんしんほう)
江戸時代前期、杉山和一(すぎやまわいち)が考案した鍼法です。


画像は休息治療院さんから引用

鍼管とよばれる管の中に針を入れ、トントンと指で叩いて鍼を入れていく方法です。日本独自の技術であり、日本の鍼灸師の多くは管鍼法を用いています。


画像は全国鍼灸マッサージ協会さんから引用

杉山さんはのろまでおっちょこちょい。おまけに不器用だったので、師匠から破門を言い渡されてしまいました。

しかし、管を用いることで正確にツボを捉えることができる ”管鍼法” を編み出した事で、不器用な盲人でも鍼のお仕事で働く事ができるようになりました。

管鍼法が普及した要因はもう一つあります。それは、中国の撚鍼法と異なり、痛みがほとんどない点です。

どうして、管鍼法は痛みが伴わないのでしょうか?次のレポートに続きます

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました