雑学

容量、缶コーヒーは「g」 缶ビールは「ml」で表しているのは何故?

この記事は約1分で読めます。

缶に書かれている容量を見てみると

あれれ~(;´Д`)
缶コーヒーは「g」で表示されていますが、
缶ビールは「ml」で表示されていますね。

[ad] 

同じ缶の飲み物なのに、いったい何故だろう?

「g」  = グラムとは重さを表します。
「ml」 = ミリリットルとは体積(空間の大きさ)を表します。

コーヒーは90度以上の高温で缶に詰められるために、容量(体積)が大きくなってしまいます。 理科の時間で習いましたよね^^ 液体が気体になると、1600倍ほどの大きさになるのです。

その為、気体が冷えてしまうと、体積が小さくなってしまうので、お客様との間でトラブルになってしまいます。

そこで、温度の変化とは関係のない、「g」を用いて内容量が表示されているのです。 ちなみに、ビールは10度以下で詰められています。

コーヒー以外でも、「紅茶」・「ウーロン茶」などはグラム表示となっています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました