雑学

雷!飛行機に落ちても大丈夫なの?

この記事は約1分で読めます。

飛行機にカミナリが落ちて大惨事になった!
というニュースを聞きません。しかし、雷が飛行機に落ちる事例は数多く存在しています。

どうして飛行機が墜落しないのでしょうか?

機体に多少の傷ができるものの、お客さんに感電する事はなく、限りなく小さな被害で済むそうです。

[ad] 

機体が金属でできているために、たとえ落雷したとしても電気をとどめることなく、そのまま逃がしているのだそうです。

「雷が近くで鳴っているときは木の下ではなく、車の中に非難したほうが良いですよ」という話を耳にします。

これも飛行機と同じ考えに基づいています。

車は金属でできているので、雷が落ちてきてもそのまま地面に逃げてくれるからです。しかし、車の中にいても、金属部分に触れていたら感電しますので注意してください☆

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました