雑学

雷が鳴ったらヘソを隠せ!いったい何故?

この記事は約1分で読めます。

「雷にヘソをとられてしまうぞ~~」
「雷が鳴ったらヘソを隠せ」

最近の親御さんは、そんな事をいわないんですかね^^?
昔は、雷が鳴ると、おへその話をして子供達を脅かしていました(^^)

[ad]

実は・・・
あの頃、上半身裸で遊んでいた子供が非常に多かったのです。

そして、雷がなると・・・・・
天候が急激に変化をし、気温が一気にさがります。

しかし、遊びに夢中になっている子供達は

子供
「気温なんて関係ない!みんな~~鬼ごっこの続きをするよ~~♪」 と、体の心配をしてくれません。

気温が下がると、おなかが冷えてしまい体調を崩してしまいます。
そこで、親は子供に対して、「雷はヘソをとっちゃうんだぞ~~ 怖いんだぞ~  だから、お腹を冷やしちゃ駄目なんだぞ~~! と、脅かしていたのです(^^)

愛情があれば、嘘も方便でも納得です^^v

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました