雑学

亀有は亀無という地名だった

この記事は約1分で読めます。

1976年から連載されている “こちら葛飾区亀有公園前派出所”
この漫画の舞台となっている場所こそが、本日の雑学の主役となる、「東京都葛飾区の亀有」です。

さてさて、この亀有という地名!
元々、「亀無」または「亀梨」という地名だったのをご存知でしょうか?( ̄0 ̄)゛

これは江戸時代初期(1600年代前半)のお話です。(あくまでも一説です)水戸黄門が亀無にたどり着いた時の出来事です。

黄門様
「なんてことだ~~(><) 亀が無い街に来てしまったではないか・・・ 亀は長寿の証。 しかし、この街には亀が無い・・・ 早死にしてしまうではないか~~~」

[ad] 

水戸黄門は考えました
「そうだ!地名を変えようではないか^^v 亀無ではなく亀有に変更しよう。今日からここは亀有ね」

住人
「ははぁ~~m(__)m 」

「縁起が悪い地名なので、亀無から亀有に変更した」
という記載が書かれている古文書(こもんじょ)が残されているのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました