雑学

会計時!お愛想というのは失礼にあたる?

この記事は約1分で読めます。

会計をする時、お客さんが店員さんに対していいますよね。
「お愛想をお願いします~」

本来、お愛想の意味は、お店側がお客さんに対して、「愛想のないお店でごめんなさいね」という時に使われていました。

しかし、これでは長すぎる!
ということで、この言葉を省略してお愛想というようになり、いつしかお客さんが会計の時に使われてしまったのです。

よって、お客がお愛想といってしまうと・・・・
「あんたのお店は愛想がないね~」と喧嘩を売ってしまう事になるのです・・・

とはいえ・・・
お愛想いう単語が当たり前に使われている昨今、
お店側も気にとめてないとは思うのですが・・・

スポンサーリンク

ご年配の方が営んでいるお店では、
当たり障りのない
「お会計をお願いします~」などの言葉を使った方が無難かと思います。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました