雑学

会計用語!5対25の法則とは何ですか?

この記事は約2分で読めます。



5対25の法則は会計用語です♪
またの名を三河屋商法などと呼ばれています。

三河屋とはサザエさんに出てくる酒屋さんです。
三河屋さんと磯野家は信頼関係があるので、許可が無くても勝手口にはいって、「三河屋で~~~す」と叫ぶ事ができるわけです☆

新規で顧客を獲得するのには莫大な費用がかかります。
しかし、顧客から信頼関係を勝ち取った企業は新規開拓をしなくとも安定した売り上げを築き上げる事が可能です。

[ad] 

5対25の法則とは、
離れていく100人のお客さんのうち、5人を繋ぎ止めておくだけで25パーセントの利益を改善できる! という法則です。

東京ディズニーランドを運営している、オリエンタルランドという会社があります。 2008年度の入場者数が2722万人いましたが、その9割がリピーターなのだそうです。

つまり、この会社が利益を上げているのはリピーターが遊びに来てくれるおかげなのです。このリピーターがさらに友達を誘うので、莫大な宣伝費用をかけなくてもお客さんがやってくる♪

リピーターを大切にしているのですね☆

5対25の法則
お客さんをつなぎとめる対策も大切なのですね^^ この機会に考えていただければ幸いです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました