雑学

ジーンズのパッチ!何のために付けられたの?

この記事は約1分で読めます。

ジーンズはデービスという人物がデニムの生地を使ってズボンを作ろう~♪
と発想したのが最初です。

しかしデービスさんは特許を申請する為のお金がありませんでした。

そこでデニムの生地を仕入れた会社、リーバイ・ストラウス社(リーバイス)に相談し、特許の権利を折半する条件で資金を用立てもらったのです。(特許が受理されたのが1873年です)

[ad] 

リーバイ・ストラウス社が製造したジーンズは次第に品質がよくなりました。

これは1886年のお話です。

リーバイ・ストラウス社
「俺達が作ったジーンズは最高の代物だぜ~♪ もしも品質が悪いと思ったらいつでも取り替えてやるよ!」

とズボンの腰の辺りにパッチをつけたのです。

実はこのパッチ!「ジーンズが破けたら無料で取り替えますよ」と、引換券のような役割があったのです。

このアイデアが、リーバイス社の品質の良さをアピールする格好となり、後に世界中に知れ渡る事となりました。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました