雑学

一時間に〇〇ミリの雨!ミリの意味とは?

この記事は約2分で読めます。

気象情報を眺めると、
一時間に〇〇ミリの雨!という言葉を耳にします。

果たして「ミリ」とはどのような意味があるのでしょうか?

ミリの定義とは
降り注いだ雨が、「流れたり」・「蒸発」などしない状態で溜めておくと、水の深さは何ミリになるか?を表した単位です。

[ad] 

つまり外に桶などを置き、水が80㎜(8㎝)溜まったならば・・・
「一時間に80ミリの雨が降った」となるのです。

たかが一時間に8㎝か~と思われがちですが、
様々な地域で降り注いだ8cmが一気に川へと向かいます。

台風や梅雨などによる大雨の際、川の水があふれ出る事もありますので、周辺にお住まいの方はくれぐれもご注意ください。

田んぼの様子を見にいったまま、行方不明になる事故が後を絶えません・・・ 体力的に問題のあるお年寄りが犠牲になっているケースが多いようです。

田んぼが心配で見に行く人もいれば、

〇用水路の開閉
〇水路に木や草が詰まっていないか?

などを確認するために様子を見に行く人もいるようです。
台風時の水門は若者に任せる等の対策を講じることが大切になるかと思われます。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました