雑学

異物混入で胎児が死亡!殺人罪で裁かれい理由

この記事は約2分で読めます。

以前、中学生11人が ”流産をさせる会” を結成し、妊娠している先生の給食に異物を混入する出来事がありました。

女性教諭は流産することなく無事だったそうですが、
もし流産させて胎児が亡くなった場合・・・・

何罪にあたるのでしょうか?

[ad] 

「殺人罪じゃないの?」 という意見が多いと思いますが・・・
法律上、胎児は人としてみなされていないので殺人罪にはならないのです。

法律では、出生して初めて人になり、死亡して人ではなくなるのです。

よって、生徒が行った行為により、赤ちゃんが流産した場合、刑法215条にたある、「不同意堕胎罪」が適用される可能性が高いのです。(六ヶ月以上、七年以下の懲役)

堕胎(だたい)とは胎児を人為的に流産させることです。

この不同意堕胎罪は ”未遂も罰する” と明記されているため、少年達はこの法律により裁かれる事になります。

しかし、彼らは中学一年生。
少年法によると、14歳未満の少年は判断力がないために、刑法事件については特別な措置を講ずる事になっています。

未遂で終わっているので、家庭裁判所に書類送検されるか、厳重注意で終わった可能性が高いようです

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました