雑学

非常口のマーク!実は二種類ありました

この記事は約2分で読めます。

わ~本当だ!
左側のマークはよく見かけますが、右側のマークはあまり見かけませんね☆ このマーク! それぞれどのような違いがあるのでしょうか?

実は、この違いを理解していれば、非常時に威力を発揮するのです!
ホテルやデパート、または公共施設などには、非常口のマークが必ず設置されています。 非常口のピクトグラムは、誰でも一目でわかるおなじみのマークですが、これには意味があるのです。

スポンサーリンク

緑地に白のもの(左側)は非常口そのものを意味し、
白地のもの(右側)は、非常口への通路をあらわしているのです。

火災などが起きた時に、すぐに出口の方向を現しているマークは緑地です!すばやく脱出する時は緑地の方に行ってください。

一方、緑地の出口が混雑している時は、冷静に周りを見渡し、白地のマークがある場所に向かってください。遠回りでも、そちらから逃げる方法も考えられます。

何故、白地にしているのでしょうか?
それは、このマークは通路に配置されることが多いため、照明としての役割を兼ねているためなのです。明るい色である白でなければいけないのですね(^^)。

危機管理、覚えておいて、損はなし!

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました