雑学

継ぎ足し!秘伝のタレが腐らないのは何故?

この記事は約2分で読めます。


店主
うちの店は凄いんだぜ~y(o^-^o)y
江戸時代から継ぎ足されているタレを使ってるんだぜ~(ノ^^)ノ

泰淳さん
||||(*-ロ-)ガーン|||| そんな古いものを客に出していたのか(/o\)

実は、食べ物が腐る現象とは細菌が繁殖した状態をいうのです! しかし、この世の中に細菌の繁殖を抑えるアイテムが存在しました。

それは塩です。

[ad] 

塩を振り掛けると、細胞に存在する水分が抜けてしまい、その活動が停止させる役割があるのです。

野菜に塩をかけると水分が抜けてしまいます。
これは浸透圧といって、濃度の異なる2種の溶液を接触させると、その濃度の差を埋めようとする性質が働くために、水分が抜けてしまうのです。

一方、細菌の繁殖の要因の一つは水分が関係しています。
つまり、水分のある環境で腐敗してしまうのです。干物が腐らない理由はここにあるのですね( ̄ー+ ̄)

秘伝のタレには大量の塩分が含まれている為に、
「細菌が繁殖しない!」 → 「腐らない」

外出先から帰ったときは塩水でうがいをした方がいい!
といわれますが、塩の効用による殺菌作用を狙っているためです。

また、怪我をした時に塩水で消毒すれば、一時的な応急処置になりますので、イザという時に試してみてくださいね♪

浮気癖のある旦那さんには、
悪い虫(女性)を追っ払うために塩を振りかける事をお勧めします

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました