雑学

ハヤシライス!はやしさんが作ったの?

この記事は約1分で読めます。

諸説ありましたが、ハヤシライスは丸善の創業者である早矢仕有的(はやし ゆうてき)さんが発明したのではないか?といわれています。

[ad] 

丸善(1869年に横浜で開業)とは日本で始めて洋書を販売した本屋さんとして知られています。 早矢仕さんはこの本屋さんに多くの若者を雇い入れました。

雇われた若者はものすごく恵まれた環境で働けたそうです。
何故ならば、昼間は本屋さんで働いてお金を稼ぎ、夜は早矢仕さんが若者に勉強を教えていたからです。

このような忙しい生活をしていた学生さん!
食事を作る時間や食べる時間に余裕がありませんでした。

そこで、早矢仕さんは考えます。
「福沢諭吉と食べたビーフシチューは凄く美味しかったなぁ。あれをご飯にかければ手っ取り早く作れるし、早く食べれるのではないか?」

こうして誕生したのがハヤシライス!といわれています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました