発達障害 福祉用語

反抗挑戦性障害とは何ですか?

この記事は約1分で読めます。

反抗挑戦性障害とは、
この文字の通り、反抗的で挑戦的な態度をとる障害をいいます。

目上の人に対し、必要以上に挑発的であったり、規則に対して必要以上に反抗したりします。「口論」・「意地悪」・「かんしゃくなどを起こす」・「反抗期が長い」・「特定の人に対して挑発を繰り返す」 などが特徴です。

9歳前後でその症状が見られ、同年代の子供と比較した時、あきらかにその態度が顕著に現れます。

一説によると、ADHD(注意欠陥多動性障害)を持つ子供の4割ほどが、反抗挑戦性障害を併発している!とする論文も公表されています。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ADHDを抱える子供に対しては、どうしてもしつけが厳しくなり、これが愛情不足に発展し、反抗的になるのではないか?とする説。

または、脳機能による障害や遺伝的な要素が関係しているのではないか? などの説が存在します。。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています

コメント

タイトルとURLをコピーしました