雑学

行司!刀を身に付けているのは何故?

この記事は約2分で読めます。

2012年5月12日、軍配を差し違えてしまった木村庄之助さん。理事長のところへ行き、進退伺いを行ったそうです。

軍配を間違えただけなのにねぇ~(*´д`*)

実はこれ、慣例として行っているだけでして(^^)
つまり、お約束なのです。

軍配を差し違えただけなのに、どうして進退伺いを行ったのでしょうか?

[ad] 

大相撲の行司さん!その最高位に君臨しているのが木村庄之助と式守伊之助です。 この最高位の事を立行司(たてぎょうじ)というのですが、彼らは必ず身に付けなければいけないアイテムが存在します。

それが小さな刀です。
ええ?そんな刀を持参して・・・ いったい何をするのですか?

実は、軍配を差し違えた場合、その場で切腹するために小刀を所持しているのです。

しかし、過去に切腹した人物は存在せず、

「相撲取りは名誉の為にガチンコで戦っている。切腹する覚悟で見届けているんだ!」 つまり、決意を示すために刀を持っているのです。

また、行司はもともと武士が行っており、その名残が存在するので刀を持参している!このような説を唱える人も存在しています。

 

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました