雑学

御香典!薄く書くのがマナーです

この記事は約1分で読めます。

知っている人が亡くなった時、必要となるのが香典です。

「線香の代わりにお供えします。」
このような意味から、「香」という漢字が使われているのです。

[ad] 

香典袋の表には、「御香典」や「御霊前」などと書きますが・・・
薄墨で書くのが常識となっています。

あまりに突然の出来事なので、墨をすっている時間がありませんでした。という意味を込め、また、涙で墨が薄くなってしまいました。なども意味を含ませて、薄墨にするのがマナーなのです。

濃墨ですと、あらかじめ亡くなることを想像して墨をすっていたんですねι(`ο´)ノ
という事になってしまいます。

しかし、最近ではあまり形式にこだわらず、濃墨で書くケースも少なくないようです

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました