雑学

ギザギザな10円!発行されなくなった理由?

この記事は約1分で読めます。

流通量が少なくなったギザギザな10円(通称ギザ10)。
希少価値の高いギザ10を集めている人も少なくないかと思われます。

そもそも、10円にギザギザを入れていたのは何でだろう?
う~~ん。 そういわれてみると・・・・

[ad] 

まずはギザギザを入れた理由です。
10円玉の周りの部分が削られてしまうと、お金としての価値(信用)が損なわれてしまいます。そこで周りにギザギザを入れることで削られるのを防止したのです。

また、100円玉が発行された昭和32年まで、10円玉は通貨の王様でした。そこで、王様にはギザギザの称号を与えようではないか?という意味もこめてギザギザをいれていたのです。

つまり、10円玉の価値を高く見せていたのです。

あのギザギザが消えたのは昭和34年発行のものからです。
昭和32年に発行された100円玉にもギザギザが入れられたので、「紛らわしいで、10円玉にギザギザをいれるのはやめましょう」

ということになり、10円玉のギザギザが消えてしまったのです

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました