雑学

ガッツ石松さん!実は逮捕された事がある

この記事は約2分で読めます。

個人的な気持ちなのですが・・・
ガッツ石松さんの名言の中で、一番好きな言葉がこちらになります。

『「チャンピオンは、いついかなる時でも誰の挑戦でも受けなければならない」 と賞状に書いてあった!』(^^)

ガッツ石松さんは世界チャンピオンになる前(東洋ライト級チャンピオン時代 1972年)に、現行犯逮捕され10日間ほど拘束された事があったのです。

[ad] 

ガッツさんの弟が利権がらみでヤクザに絡まれてしまいます。
あわてて池袋の現場に駆けつけたガッツさん! なんと、8人を相手にボコボコにしてしまったそうです。

当然パトカーも出動し・・・・
一般紙でも大きく報じられることになりました。

事情聴取を受けていたガッツさん。
こんな言葉を口にしたそうです。

『チャンピオンは、いついかなる時でも誰の挑戦でも受けなければならない!と賞状に書いてあったんだよ! だからOK牧場でしょ~』

これに慌てたのはボクシング関係者のみなさんです!

「いかなる時でも相手の挑戦をうけなければならない!」と賞状に書いてあるからといって、リング以外の場所でこんな乱闘騒ぎがあっては困るよなぁ!真に受けちゃう人もいるんだね~(笑)

ということで、賞状からこの文言が削除されだそうです(^^)

この暴力は弟を助けるための行為なので正当防衛に当たる!として、ガッツさんは送検されることなく釈放されました。

前科とは
送検され、検察官が起訴を行い、有罪になった時に前科が付く事になります。よって、ガッツさんはこの事件で前科一犯になる事はありませんでした。

つまり、世界ライト級チャンピオンを五回防衛したガッツさん!正当防衛とあわせて六回も防衛した事になるのですね(-_-+)  ← このオチがいいたかったがために・・・ 今回の雑学を書かせていただきました (* ̄▽ ̄*)~゚

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました