雑学

街灯!虫がグルグル回っているのは何故?

この記事は約2分で読めます。

「飛んで火にいる夏の虫」

これは明るさにつられてしまい火の中に飛び込んでしまう事から、
「自分から災いに飛び込んでしまう」 ということわざです。

時には危険をおかしてまで光に飛び込む虫クン!
クルクル回りながら光に集まるのは何故だろう?

という事で早速調べてみました^^

実は!
虫は好んで光に向かっていないのです。

一部の虫は走性(そうせい)といって、刺激に対し、それに向かっていってしまう習性、または遠ざかる習性があるのです。

例えば、ミトコンドリアに光をあてると、光に向かって進む現象がみられます。街灯に集まっている虫も同じような習性があるのです。

[ad] 

Q街灯に向かってグルグル回っているのは何故だろう?

太陽や月は遠くから地球に光を注いでくれるので、均等に光が配分されます。その為、虫はまっすぐ飛ぶ事ができますが・・・

しかし、夜になるとそうはいきません。

街灯は一部の場所にのみ光を注ぐので、均等に光を注いでくれません。すると、「右目に入ってくる光」と「左目に入ってくる光」のバランスが崩れてしまい、虫さんは混乱してしまうのです。

虫くん
「バランスよく右目と左目に光を注がなくちゃ~」

と、グルグル回って、均等に光が注がれる場所を探しているのです♪ 決してアホだと思ってはいけないのです。虫クンなりの理由があるのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました