雑学

複雑骨折!実は複雑に折れていなかった

この記事は約1分で読めます。

複雑骨折と聞いて「うわ~痛そう…骨が粉々に折れたんでしょ!?( ̄ー ̄;)」 と思った皆さん!実は複雑骨折は「何箇所も折れる」・「骨が粉々になる」という意味ではないのです。

[ad] 

骨折した骨が皮膚を突き破ってしまい、
外から骨が見える状態を複雑骨折というのです。

骨が体外に飛び出しているので、感染症を起こしやすい状態になっています。よって、すぐに手当てをしなければなりません。

この骨折は治療がものすごく複雑になることから、複雑骨折と命名されたのです。(現在、複雑骨折とはいわず、開放骨折と呼んでいます。)

ちなみに、粉々に折れてしまっている骨折を「粉砕骨折」、何箇所も折れている骨折を「重複骨折」と呼ばれています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました