雑学

サッカー!日本代表のユニフォームが青い理由

この記事は約2分で読めます。

サッカー!日本代表のユニフォーム☆
日の丸をモチーフにした赤でもいいのにねぇ~(??)青をベースにしているのは何故だろう?

残念ながら、はっきりとした事はわかっていませんでした。
しかし、海に囲まれてた国だから青なんだ!というのが説の一つとして存在していました。

[ad] 

日本サッカーの歴史を紐解くと、
オリンピックで日本はスウェーデンに勝った試合がありました。1936年、ベルリンで行われていたことから、ベルリンの奇跡として語り継がれています。

この時のユニフォームが青だったのです。

「縁起が良いではないか!」、
という事で、青のユニフォームをしばらく使い続けていたそうです。

その後、1964年の東京オリンピックでは、上下とも白のユニフォームで惨敗 → 1968年のメキシコ五輪では、上が白・下が紺色のユニフォームで銅メダルを獲得しています☆

様々なユニフォームを着用していましたが、
1988年のソウルオリンピックで日の丸をイメージした赤を採用するのですが・・・! しかし、1991年までの間に成績不振が続いてしまい、ユニフォームをチェンジする事となりました。

現在のスタイルは1992年からです。
川淵三郎さん(当時の日本サッカー協会強化委員長)の判断により、青のユニフォームとなりました

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました