雑学

大根!おろすと辛くなるのは何故?

この記事は約2分で読めます。



不思議だと思いませんか?
お味噌汁に入っている大根は全然辛くありません。

しかし、大根をおろすと辛くなる!!
いったいなんでだろ~((乂(゚ー゚;)≡(;゚ー゚)乂))

[ad] 

それは大根に含まれている酵素が関係していました。
酵素のお仕事は様々なものを分解する役割があります☆実は大根をおろすと、細胞が壊れてしまい、隠れていた酵素が現れるのです♪

この酵素とグルコシノレートという物質が化学反応を起こし、辛い成分が生まれるというわけです。ちなみにわさびが辛いのも同じ原理だそうです。

しかし、大根をおろしてもすぐには辛くなりません。何故ならば、酵素が働くのに少し時間がかかるからです。大根をおろしてから7分~8分ぐらいが一番辛いといわれています。

ちなみに、辛い大根おろしが好みなら、グルコシノレーが多く含まれている,、大根の下部がおすすめです。また、辛い成分は気体となって蒸発してしまうので、20分ぐらいしたら辛味の成分は消えてしまいます(ノ´▽`)ノ

料理をする時、大根おろしのタイミングが大切になってくるのですね♪

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました