雑学

コピー代金が無料になる場所がある

この記事は約2分で読めます。




写真はタダコピから

うっそ~ん・・・☆
無料でコピー機が使えるなら、毎日そこに通いたいよ~~♪でも、紙代とかインク代とかコストがかかるのに、無料で成り立つなんて信じられません!

なんと、タダでコピーができる場所があるのです!
その場所とは・・・

[ad] 

大学です~♪

実は、紙の裏にはスポンサーの広告が印刷されており、このスポンサーが間接的にコストなどを支払っているのです。

このアイデアを思いついたのは株式会社オーシャナイズの代表である筒塩快斗(学生企業家)さんとその仲間達です。

学生企業家選手権でこのアイデアを提案した永澤さんですが、落選してしまったそうです。しかし、同じ学生企業家選手権に出ていた筒塩さんは「これはひょっとしてビジネスになるのではないか?」と思い、今度はみんなで違うコンテストで提案!なんと優勝したのだそうです。

そして、2006年4月に「タダコピ」が誕生したのです。

大学にコピー機を設置するための営業!そしてスポンサーになってくれる会社への営業などをこなし、2009年2月現在では49もの大学でタダコピが利用できるようになりました。

ただし、利用できるのは大学生限定です。

広告主は大学生というターゲットを絞った広告効果が期待でき、学生側も無料でコピーができるメリットがあるのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました