雑学

コロンブスの卵って何ですか?

この記事は約1分で読めます。

コロンブスの卵!今まで意味を知らずに生きちゃったなぁ~(〃 ̄▽ ̄〃)
誰か意味を教えておくれ~

コロンブスはイタリア生まれの航海者!
1492年にアメリカ大陸を発見した人物として知られています。

そんなコロンブスさん!
大陸発見後、彼の成功に嫉妬する人が多く、突っかかる人間もいたそうです。

[ad] 

嫉妬人
「お前じゃなくても、西へ進めば誰だって大陸を発見できたさ!」

すると、コロンブスはいうのです
「それじゃ~!お前はこの卵を机の上に立てる事はできるのか?」

妬む人たちに卵を突き出すのです。
もちろん卵は丸いので、誰一人として机に立たせる事はできません。

コロンブスはその卵を手に取り、
卵の先端をかち割って、強引にタマゴを立てて見せたのです。

「ずるいじゃないか!これなら誰でもできるじゃん(`ヘ´~)」

コロンブス
「たとえ、誰もができる事であったとしても、最初に行うというのは難しい事なんだ」といい放ったそうです。 これがコロンブスの卵の意味となっています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました