雑学

中華料理のマナー!知っていますか?

この記事は約2分で読めます。

中華料理を食べる時のマナー!
まず、おかずが盛り付けられている自分の取り皿があります!中華の世界では、これを手で持って食べてはいけない礼儀となっているのです。

器を持って食べないと行儀が悪い!
と子供のころに教わりましたが、この常識は日本だけのものなんだそうです。

ココリティ
ココリティ

へ~

[ad]

グループで1つの円卓に座る場合、お店の入り口から一番遠い席が上座です。

「上座」とはお偉いさんが座る席の事です。 また、景色や夜景がきれいなレストランなどでは、景色を眺めることのできる席が最上席となります。

ターンテーブルの上には、料理、醤油・辛子・ラー油・酢などといった調味料だけしか置けません。

料理がテーブルに乗せられたら、まず上座(主賓)の人に回します。

次の人からは時計回り順にテーブルを回し、順序よく料理を取ります。他の人が料理を取っている最中に、お皿に手を伸ばす事はタブーとなっています。

自分のお皿に盛られた料理。
食べずに残してしまうのは失礼にあたるので、少しずつ、食べきれる量を取るのがマナーとなっています。

食事中は席を立たないのが礼儀ですが、どうしても席を立たなければいけないときには、あらかじめ主人に伝えておきます。

そして席を立つ前、右隣・左隣のお客さんにも小声で断るのが礼儀です。

食事が終わって失礼するときには、主賓が席を立ってから、他の客もその後に続いて席を立ちます。

ココリティ
ココリティ

 う~~ん・・・ なんだか面倒くさい

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました