雑学

チーズが担保になっている国がある 

この記事は約2分で読めます。

「やばい・・・ 銀行にお金借りないとお店つぶれちゃうぞ…」
「でもあなた、うちには担保になる土地も建物がないんだよぉ? 保証人になってくれる人もいないしね・・・」

「あぁそうか…じゃ融資は無理だぁぁぁ。.゜.(*ノД`*).゜.。」

しかし、イタリアでは様子が違います!
「そうか… 土地や建物がないのであれば、チーズを担保にしてもかまいませんよ~ (*´.ω.`)b」

イタリア中部にある一部の銀行では1950年代から高級かつ、熟成中のチーズを担保として融資が可能となっています。ロマーニャ州で作られるチーズ(パルミジャーノ・レッジャーノ)は熟成に最低2年ほどかかり、イタリアではチーズの王様と言われているものでとても高級品です。

 

スポンサーリンク

チーズ生産者はこのチーズが売れるまでの間、つまり、チーズが熟成している2年間は売り上げがないので資金繰りが大変だ!ということで銀行がチーズを担保に融資しているのです♪

粋な計らいをしたものです☆

現在でも、銀行にあるチーズの熟成専用貯蔵庫には40万個ほどのチーズがあり、プロの熟成士がちゃんと管理しているのだそうです。もちろん債務者が払えない状況になった場合、銀行は担保となっていたチーズを売りその代金を回収するそうです。

 

 

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました