雑学

名紙ではなく、名刺なのは何故ですか?

この記事は約2分で読めます。

現代社会の必需品といえる名刺。
そのほとんどが紙でできていますよねо(≧∇≦)〇゛

紙であるにもかかわらず、どうして名刺と表すのでしょうか?

名刺の起源!それは中国にありました。

[ad] 

当時、訪問先が不在だったとき・・・・・
紙ではなく、「木」や「竹」の札に自分の名前を書き記し、戸口に差していたのです。 「ちゃんと訪問しましたよ」という事を知らせるためです。

これが名刺の始まりです。

中国では木や竹の札を「刺」と呼ぶことから、名紙ではなく名刺と呼ばれるようになりました。ちなみに、中国の名刺交換のルールは日本と同じとの事です。

【名刺交換マナー】

■渡し方
①名刺交換は必ず立って
②目下の人から先に
③訪問先では訪問者側が先に

④相手が読めるように相手側の向きにして
⑤右手で持って左手は、軽く添え
⑥社名や氏名を言いながら差し出しましょう。

■受け方
①「頂戴いたします」と言って一礼しながら
②左手でもらって右手を添える
③名前の読み方がわからない時はその場で聞いて
④受け取った名刺はテーブルの上に置いときます....

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました