雑学

ベートーヴェンのエリーゼのために!実はエリーゼさんは存在しなかった

この記事は約2分で読めます。

とても有名なドイツの作曲家にベートーヴェンという人がいます。
そして、彼がこの世に残した代表的な作品に、エリーゼのためにという曲があります。 39歳のベートーヴェンさんは18歳の娘を好きになり、真剣に結婚を考えていたそうです。

その時にベートーヴェンがプレゼントした曲こそが!!
「エリーゼのために」でした(1810年4月!)

[ad] 

ベートーヴェンは女性恐怖症でとても変わった性格の持ち主でした。そんな彼が勇気を振り絞って曲をプレゼントしたのです。

1810年5月!
ベートーヴェンはその娘に告白します。

ベートーヴェン、「僕と結婚してください」
彼女      、「嫌だよぉ~      」

ベートーヴェンはあっけなくふられ・・・ この恋は実りませんでした。

時が流れ~

ドイツの音楽学者がベートーヴェンを調べていくうちに、
あることに気が付いたのです。

学者さん
「ベートーヴェンは字が汚い!もしかしたら、本人はエリーゼのためにではなく、テレーゼのために と書いたのではないか?と疑問を抱くのです」

というのも、テレーゼさんの手紙箱の中に、ベートーヴェンがプレゼントした楽譜が見つかったようで、本当は「テレーゼのために」が正解ではないか!? とする説が有力となっているのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました