雑学

ビール!最初の一口目が美味しい理由

この記事は約1分で読めます。

泡が少ないと、ビールがあまり美味しくない・・・

泡の中には、「ポリフェノール」や「ホップの苦味」・「たんぱく質」・「炭水化物」などが含まれています。つまりビールを注ぐ時、その刺激によりうまみが一気に上に押し出され、最初の一杯目が美味しい♪と感じるのです。

ビールの泡は何のために存在するの?

泡はフタの代わりになっています。ビールには炭酸が含まれていますので、時間が経つにつれ、どんどん空気中に放出されてしまいます。その炭酸を閉じ込めているのが泡の役割となっています。

[ad] 

また、ビール特有の香りを逃さない役割もあります。

綺麗な泡を作る方法♪
コップが汚れていると綺麗に泡がたちません。
汚れが泡立ちを妨害するからです。

また、キンキンに冷えたビールですと、泡が立ちにくくなります。泡を上手に立たせるには、適度に冷えた新鮮なビールが理想です。

上からビールを注ぎ、
泡が立ったな!と思ったら、コップを傾け静かにビールを入れてください。すると綺麗な泡がたちますよ♪

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました