雑学

NHKの朝の連ドラ!15分の理由とは??

この記事は約2分で読めます。

NHKの連続テレビ小説といえばおしんが有名ですよね!
1983年から1984年までの間に放送されたドラマで、平均視聴率がなんと52.6パーセント!

そして、最高視聴率が62パーセントを超えていたそうです。

[ad] 

更新日現在、
この視聴率がドラマ部門でナンバー1となっています。

ところで、朝の連続ドラマは15分で一話が終わります。何で15分なのでしょうか?たまには1時間ぐらい流してもいいのにね~(´几`)

連続テレビ小説が始まったのは1961年です。

NHKではそれ以前にラジオドラマを放送していました。特に、鐘の鳴る丘(1947年~1950年!午後5時15分から15分間の放送)は老若男女問わず、多くの大衆に親しまれていたのです。。

このラジオ番組が一日15分の放送だったことから、連続テレビ小説にも影響を及ぼしているのだそうです。

「忙しい家事の中、主婦にはほんの少しの休憩が必要だ!30分や1時間の放送だと、家事に支障をきたしてしまう!だから、15分ぐらいがベストだろう!」 このような考えが理由の一つになっています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました