雑学

ありがとう!反対語って何ですか?

この記事は約2分で読めます。

ありがとうの反対語!
私も全然知りませんでした。答えはなるほど~の

「あたりまえ」 ← です。

元々、ありがとうの語源となっている言葉は、

「有り難し」 ← です。

「有る事が難しい」 → 「滅多(めった)にない」

このような意味になるために、
『滅多(めった)にない』の反対語となる言葉 → ”あたりまえ” が正解なのです。

ちなみに、感謝する時の使われる言葉に、”有り難き幸せ” というものが存在します。この言葉を略したものこそが、ありがとう(有難う)となるのです。

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」「有難(ありがた)し」という意味です。あることがむずかしい、まれである。めったにない事にめぐりあう。すなわち、奇跡ということです。

奇跡の反対は、「当然」とか「当たり前」
我々は、毎日起こる出来事を、当たり前だと思って過ごしています。

歩けるのが、あたりまえ。目が見え、耳が聞こえるのが、あたりまえ。手足が動くのが、あたりまえ。毎朝目覚めるのが、あたりまえ。食事ができるのが、あたりまえ。息ができるのが、あたりまえ。友達といつも会えるのが、あたりまえ。太陽が毎朝昇るのが、あたりまえ。うまれてきたのが、あたりまえ。夫(妻)が毎日帰ってくるのが、あたりまえ。

そして…生きているのが、あたりまえ。

ある夫婦の話です。
晩酌の時、いつも無口の夫が、「ちょっと、お酌してくれないか?」と珍しく妻に言った。

台所の片付けをしていた妻は、「今、忙しいから自分でやって」と答えた。夫は少し寂しそうだったが、手酌で酒をついだ。

その2~3時間後、夫は急に倒れてしまい救急車で病院に運ばれてしまう。結果、帰らぬ人となってしまった。

それから妻は、「何故あの時、夫にお酌をしてあげなかったのか」とずっと悔やんだといいます。あの時、もっと優しい言葉で、こぼれるような笑顔で、感謝の言葉で接することができなかったのか…

スポンサーリンク

誰かと出逢い、話し 笑い 食事をし、仕事ができている。こんな当たり前だと思うことが、本当は奇跡の連続なのです。

「有ること難し」

生きて、出逢う、という奇跡の連続に、「ありがとう」を言わずにいられない。

著者 出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました