雑学

相手の嘘を見破る方法(もう騙されない!)

この記事は約3分で読めます。


画像はNHKのニュースから

2008年4月に起きた江東マンション神隠し殺人事件!
女性会社員が外出した形跡がないのにもかかわらず、行方不明になった事件です。同じマンションに住む派遣社員の男が逮捕されました。

上の画像は逮捕される前、
メディアから取材を受けていた時の様子です。 youtubeで動画を検索

この犯人はメディアの取材に対し、
顔に手を当てる仕草を何度も繰り返しており、落ち着きのない様子で取材に答えているのがわかります。

[ad] 

そうなんです!
人は嘘をつくと、無意識のうちに顔(口やほほ)に手を当てようとするのです。自分を守ろうとする防衛本能が働いているためです。

「本当のことを言ってはいけない!」
と、無意識のうちに手で顔を覆っているのですね!

相手が嘘をつく時、ある特定のパターンが存在します。

このパターンを見破れば、
直感的に「こいつは怪しいぞ!」と感じることができるわけです。

詐欺師どもに騙されないためにも
是非、頭の片隅に入れて置いてくださいね☆

〇「ポケットに手を入れる」
自分の仕草を隠そうとして嘘がばれないようにする動作です。

〇「体が揺れる・姿勢が変わる」
嘘をついているので心が乱れているあらわれです。ちなみに、座禅を組んでいる時、体が揺れてしまうのは心が乱れているためです。

〇「同じ事を繰り返して言う」
道理にかなわない説明でも、同じ事を何度も繰り返していうと、「そういうものかな?」と思い込んでしまうので注意が必要です。

〇「瞬きが増える」
嘘をついている時、緊張しているので瞬きが多くなります。クリントンさんが不倫を否定する会見を行ったとき、瞬きの回数が異常に多かったそうです。後に不倫を認めちゃいました。

〇「強気になる」
強気になり嘘を押し切ろうとします。

〇「おちつきがない」
嘘を突き通すのがしんどくなり、その場から逃げ去りたい表れです

〇「うなずきが増える」
会話が止まると嘘がばれるかもしれない・・・ そこで、無意識のうちにうなずきの回数が増えることで、会話をスムーズに進めようとしています。

その他、
〇「リアクションが激しい」

〇「質問に対して早く答えようとする」

〇「必要以上に見つめる」

〇「言葉と表情が異なる」

などです。

ムム!
こいつ・・・ なんか怪しいぞ!
と思ったら、自分の直感を信じてくださいね☆

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました