雑学

抹茶アイス!内ふたが銀色フィルターの理由

この記事は約1分で読めます。

抹茶アイス(カップ)の内ふたをみると、銀色などフィルターで覆われている物が多いですよね。

どうして、抹茶アイスだけこのような扱いになっているのでしょうか?

抹茶とは ”チャノキ” というツバキ科の葉っぱを粉にしたものです。

[ad] 

特別な手を加えていないために、素材そのものの成分を直接摂取することができるのです。

この抹茶にはカテキンという成分が含まれています。このカテキンは血圧を抑えたり、血糖値を調整したりと、体に優れた効用を与えてくれます。

しかし、このカテキンちゃん・・・・(^^)

本来の姿は無色透明ですが、光にあたると黒っぽい色に変わってしまうのです(><) その為、抹茶アイスの見栄えが悪くなり、不味そうに見えてしまう・・・・

また、カテキンが光に当たると ”タニタン” という成分に変ってしまい、苦味が増してしまいます。そこで、光を反射させるフィルター(銀色など)を利用して、それを遮断しているのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました