雑学

ACミランのオーナーはベルルスコーニだった

この記事は約2分で読めます。



イタリアのミラノに本拠地を置くサッカーチームにACミランがあります。赤と黒の縦じま模様のあのチームです☆

今でこそ有名なチームになりましたが、1970年代の後半から1980年代の半ばにかけて、チームは低迷していたのです!

また、八百長疑惑などもあり、
セリエAとセリエBの間を行ったり来たりしていました。

[ad] 

そんな状況の中で、1986年にACミランを買収したのが、2011年までイタリア首相だったベルルスコーニさんなのです。

高額な移籍金などを支払い、有力な選手が次々とACミランに加わります。そして、わずか数年でACミランはヨーロッパチャンピオンになるのです。この黄金期の立役者こそが、18歳の少女とチョメチョメをしてしまった ”ベルルスコーニ” さんなのです(ノ゚ー゚)ノ

ベルルスコーニさんは建設業などで財を成し、1978年にメディア業界に進出します♪

その後、事業を拡大!
イタリアの民放地上波4社のうち3社を所有するにまで至り、イタリアの視聴シェアの8割を占めるまでに成長しました。

このメディアの影響力を利用して、
政治家に進出したのがベルルスコーニ元首相なのです。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました