雑学

猛暑だった2010年! それほど蚊を見かけなかったのは何故?

この記事は約1分で読めます。

そういわれてみると・・・
猛暑の夏は蚊に刺される機会がありません。

それほど蚊を見かけないのは何故だろう?

日本の住宅地に多く生息しているのが「アカイエカ」という種類の蚊になります。この蚊の特徴は、夜に活動をしエサが見つからないと1キロメートル先まで飛んでいく・・・ そんな攻撃性の高い蚊になります。

[ad] 

この蚊には弱点があるのではないか?
と調べてみると・・・

ありました!
なんと高温に弱いのです。

活発に活動するのが25度前後の気候です。
よって9月頃に活動するのですが、2010年は猛暑の影響で9月になっても気温が下がりませんでした。

30度を超える日が続くと体力がなくなってしまい、アカイエカは死んでしまうのです。

この年は雨も少なく、蚊の幼虫が過ごせる水溜りもありませんでした。
2010年は条件が重なり、蚊の発生が少なかったとされています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました