雑学

100万ドルの夜景!なんで100万ドル?

この記事は約2分で読めます。

100万ドルの夜景と言うけれど・・・
別に1万ドルの夜景でも1000万ドルでもいいのにな~

なんで100万ドルにこだわったのだろうか(??)

日本三大夜景といえば
「函館山から見える函館の夜景」
「稲佐山(いなさやま)から見える長崎の夜景」

そして今回の主役である
「六甲山から見える神戸の夜景」です。

[ad] 

1953年、電力会社の副社長が六甲山から見える夜景に感動します。そこで、ある疑問を抱くのです。

「いったいどれだけの電灯が使われているんだろうか?」

そこで「大阪・尼崎・芦屋・神戸」の電灯の数を調べると、486万ほどの電灯があったそうです。

すると、電力会社の副社長だけあって、
「電気代はいくらだろう?」という疑問を抱き、調べ上げた結果・・・・

月に約4億円とはじき出されました。
当時、1ドルは360円でしたので・・・

「約100万ドルか~! こりゃ~100万ドルの夜景だわな~♪

ちなみに、現在の電気代を計算すると、1000万ドル程になる事から、「1000万ドルの夜景」などとも呼ばれています。

著者出川 雄一(ツイッター)   障がい者の工賃を高める仕組み(福祉資本主義)を考え、実践しております。主に点字名刺・点字印刷・ハンドメイドなど。障がい者ブランド(ココリティ)の活動も行っています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました